九州鉄たび‼︎

九州×鉄道×温泉おもしろ珍道中

九州新幹線800系「つばめ」で熊本ラーメンの名店「黒亭」へ!

 

 

はいはいこんちゃー!

すっぴーですよぉ!!

 

先日熊本へ出張に行ったついでに、熊本ラーメンの老舗「黒亭」にお邪魔したので、その様子をレポート!

 

博多から「つばめ」でGO!!

 

増備車の新800系が入線する。

 

f:id:Kyushu-Tetsutabi:20180908012047j:image

f:id:Kyushu-Tetsutabi:20180908012641j:image

 

九州新幹線800系「つばめ」

 

熊本に行く時はいつも「つばめ」をチョイスする。各停だし時間かかるんじゃ?と思われるかもしれないが、800系は普通車でも横4列の幅広座席で快適なのだ。

 

800系新幹線「つばめ」の車内

 

f:id:Kyushu-Tetsutabi:20180908012746j:image

f:id:Kyushu-Tetsutabi:20180908013056j:image

 

非常に明るい柄の西陣を使用した、大ぶりな座席である。センターアームレストも幅が広く、隣席に人が来ても窮屈感がない座席だ。

N700系普通車のような標準的な座席に比べて背もたれは高く、頭がハミ出るといった心配もない。ただし背もたれが高いせいで、車端部の車内表示器が見えない座席があるため、車両中央部にも表示器を備える

800系のベースは700系なので、窓も大きく視界良好。まあ、九州新幹線は比較的新しい路線の為にトンネルが多く、景色を望むのは難しいが…

木をふんだんに使用した内装で南九州への旅を盛り上げてくれる車内である。

 

f:id:Kyushu-Tetsutabi:20180908013159j:image

 

モケットの柄は車両ごとに異なり、中にはレザーシートもあるぞ。

「かもめ」ソニックに使用される885系電車もレザーシートを採用しているが、振り子式車両で高速運転するためか、同系式のホールド性に乏しいレザーシートは人によって好みの分かれるところでもある。一部の車両ではモケットへの張替えも進んでいる。

 

f:id:Kyushu-Tetsutabi:20180908013735j:image

 

シートバックにも木板が使用されている関係で、テーブルセンターアームレストの中に収納されている。

 

f:id:Kyushu-Tetsutabi:20180908013845j:image

 

テーブルには「800」のロゴが入っており、細かい部分にもデザインのこだわりを感じる。惜しむらくは、シートバックに付いている標準的なテーブルに比べてサイズが小さい点である。弁当を広げるには心許ない。

 

f:id:Kyushu-Tetsutabi:20180908014445j:image

 

車端部には何と!金箔が貼ってあり、ディスプレイには彫金のモニュメントが飾られている。大変豪華絢爛な車両だ。この車両は登場から10年が経つが、メンテナンスが良いからか、登場当時の綺麗さを保っている。

一方で在来線車両はモケットの破れ、擦れなど、経年を感じさせられることが多々あるのだが…

 

f:id:Kyushu-Tetsutabi:20180908092424j:image

 

これに対して、デッキは黒一色にまとめられ、シックな空間を作り出している。洗面台の入口には、熊本八代産のい草を使った暖簾がかかる。この暖簾はJR九州商事のオンラインショップでも販売中。税込31,680円(!)

 

f:id:Kyushu-Tetsutabi:20180908093431j:image

 

額縁には水戸岡鋭治率いるドーンデザイン研究所の800系イラストが飾られている。JR九州の殆どの車両は水戸岡鋭治氏がデザインしている。

 

f:id:Kyushu-Tetsutabi:20180908094456j:image

 

客室の床には「つばめ」が舞う。細かい部分だが、乗車するたびに新しい発見がある800系は面白い。

 

ついに熊本ラーメン登場

 

そんなこんなで、博多からおよそ50分で熊本に到着。熊本駅は今年3月に在来線が全線高架化された。新幹線口の土産物屋や飲食店もさらに充実して真新しさを感じる。

 

f:id:Kyushu-Tetsutabi:20180908094746j:image

 

駅前には路面電車が走っている。

熊本市電「COCORO」

この車両も水戸岡鋭治氏のデザインで、路面電車としては非常に先進的なデザインである。

 

駅を出たら、さっそくラーメンを食べに行った。

 

お目当てのラーメンの名店「黒亭」は、昭和32年創業の老舗である。

https://www.kokutei.co.jp

 

知り合いの熊本県民が口を揃えて「美味い」というので一度行ってみたかったのだ。

熊本駅から徒歩7分、お店に到着。

 

f:id:Kyushu-Tetsutabi:20180908095838j:image

 

昼どきは非常に混むと聞いていたので、平日の13時頃伺ったところ、ほとんど並ばずに入ることができた。しかしながら噂通り店内はかなり賑わっている。期待大。

 

「黒亭」一番人気のメニューという「玉子入りラーメン」(900円)を発注。

 

f:id:Kyushu-Tetsutabi:20180908100523j:image

 

でっかいチャーシューが3枚と、艶のある黄身が2つ。もやし、キクラゲ、ネギがトッピングされている。

スープは豚骨ベースだが、シツコクなくあっさりとして飲みやすい。飲んだ後に、口の中に不快感の残らない後味の良さだが、焦がしニンニクが絶妙なパンチを効かせて食欲をそそる

麺は、食べ慣れた博多ラーメンのそれよりも若干太めでコシを感じる

 

ある程度食べた後に黄身を破ると、なるほどスープがよりマイルドになり、また違う味が楽しめる。

 

一言でいうと

 

噂通りヒジョーーーに美味い!!

 

ということで!大満足のすっぴーは仕事に向かったのである。ラーメンを食べた後なので、一応歯磨きをしておいたのは言うまでもない。

 

 

あわせて読みたい

kyushu-tetsutabi.hatenablog.com